hiking

Dec 17, 2015

5人でハイク(高取山・仏果山)

R0004712
今回も、登山道入口でバックパックのお写真をパチリ・・・

一週間前からずっと雨マークだった当日のお天気。
記録的な大雨に開催が危ぶまれたものの、前日の昼にはすっかり回復。
トレイルは思いのほか水もはけて泥濘もほとんどない。
青く澄んだ空に冷たい空気が心地良い、まさに冬山低山日和。

モンベル、コロンビア、バーグハウス、マックパック、ジマービルト。
個性溢れるバックパックが並ぶ、今回は5人パーティー。
いつもの丹沢。高取山・仏果山を目指す。

R0004724
11時過ぎ、愛川ふれあいの村の駐車場をスタート。
ちょっと歩いてすぐ登山道。

30分くらいグイグイ歩いて尾根に取り付いた後は、
緩やかなトレイルを、おしゃべりしながらゆるゆる歩く。
優しい木漏れ日と冷たい空気が気持ちいい。
乾いた冷たい空気が鼻孔にツンとくるこの感じ。冬がやってきた。

R0004772
2時間くらい歩いて、もうすぐ高取山ピーク。
木漏れ日が落ち葉の絨毯を照らす、緩やかなトレイル。
スゲー雰囲気いい。しかも貸切。

そしてついに・・・

R0004792
高取山ピーク!

ランチタイムは高取山か仏果山か決めてなかったけど、ちょうど正午だしベンチもあるし、さっそく準備。

R0004784
まず、ネギを炒めて・・・

R0004785

R0004786

R0004787
今回は久々にtoaksのチタン2リットル鍋。
それに合わせてバーナーはトランギアとODBOXチタンゴトク。
大鍋も安定して調理できるし火力も充分でお気に入り。
今回は5人分に初挑戦、スープの調理でほぼ満水状態・・・
M君のバーナーを借用し、冷凍うどんを茹でる。

trangia(トランギア) アルコールバーナー 【日本正規品】 TRB25
trangia(トランギア)
売り上げランキング: 4,358

 
 

R0004788
できた!
カレーうどんだ!

カレー出汁と絡んだコシのある讃岐うどんがピチピチ踊る。
おあげは出汁を吸ってふっくらジューシー。
さらにはオプションで黒七味をかけてフーフー言って食べるのだ。
この絶景を見ながら、冬の寒さ感じながら、アツアツのカレーうどんを豪快にズルズル頬張る。
最強にウマい・・・幸せだ。

お腹も満たされ、お片づけ。
仏果山ではスイーツタイムが待っている。

食後、展望塔に登ると・・・

R0004790

R0004793
ぐるり360度、大パノラマ!
優しい山肌がどこまでも続く。ダムも見える。
いやー、ホントにいいところ。

R0004801

R0004804

R0004807

R0004808
仏果山までは35分。
そこそこなアップダウン。でも落ち葉でフカフカなトレイル。

R0004817
気温は13度。
今季初のネックウォーマーと手袋のフル装備。
末端を冷やさないだけで体感温度が随分違うよね。

「末端を冷やさない」、その究極のスタイルと言えば、やはり「全裸に靴下」だ。
しかしながらそれだけは絶対にNGであると、女性陣の反応は思いのほか冷ややか。
イケメンがコーヒーをこぼして好感度が上がるように、
いつもはクールな彼が「全裸に靴下」でお茶目に登場すれば、
「カワイイ」、僕たちはそう言ってもらえると思っていた・・・
じゃなくて末端を冷やさないっつー防寒の話。

R0004826
なんやかんやであっと言う間に仏果山ピーク!
展望台もあるけど、木が生い茂り・・・高取山に軍配。

さっそくスイーツタイムの準備。
バナナをバターで焼いて、シナモンパウダーとチョコソースをかけると・・・

R0004850
焼きバナナだ!
簡単なのに、最強にウマいんですけど・・・幸せだ。

そしてK君の淹れるスタバ、M君のお菓子でコーヒータイム。チョコとか。
ガルボは溶けないのがウリなのに、「バーナーで熱して溶かしたら美味しいかな?」って言う人。
コーンパフやモルトパフ等が入ったサクサク系チョコ、要するにクランキーが大好きな人。
かと思えばスイーツに全く興味がない人も。
だけど「山で飲むコーヒーはウマい!」は満場一致。

R0004827
BKSからのTTY・・・
(仏果山から高取山を望む・・・)
たった40分歩いただけで、あんなに遠い。歩きってスゲー。

のんびりコーヒータイムしてたら若干寒くなってきた。そう言えば気温も11度まで下がってる。
スタバ仏果山店、閉店いたします。

R0004857
下山を始めると、17時前だってのにもう真っ暗。
もう12月だもんね。

R0004886
無事、ふれあいの村に到着し、ゴール!

今回も楽しかった!
いやー、ハイキングってホント楽しい。
今回初めて5人で登ったけど、みんな楽しみ方が違って面白い。
様々に楽しめる懐の深さと、取っ付きやすさがハイキングの魅力。

大人数で豪華ランチのゆるゆるハイクもいいし、ソロでストイックなオーバーナイトもいいし。
今年はスノーシューを購入予定。冬山ものんびりゆるゆる楽しみたい。

愛川ふれあいの村→高取山→宮ヶ瀬越→仏果山→愛川ふれあいの村 
5:33:06、6.85km、高低差536m


follow us in feedly
Posted in hikingNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment