hiking

May 8, 2016

伊豆山稜線歩道オーバーナイトハイキング day1

R0006544
まだ知らない新しい場所を歩きたい。いつもの丹沢を離れて春の伊豆へ。
修善寺から伊豆山稜線歩道を歩き、河津方面へ抜ける久々のオーバーナイトハイキング。
東海道を三島で乗り換え、修善寺へ向かう。空はどこまでもどんより。予報は夜から雨だった。

荷物はデイハイク用に買ったパイカパックになんとか詰め込んだ。
20リットル本体の吹き流しは食料でパンパン。でもメッシュポケットが大きくてけっこう入る。
むき出しのフランスパンもストックやマットと同じ形状で違和感ない。先ほどから向かいのおばさまの視線を感じるが、きっと気のせいだ。
今回はいつものドライフーズをお休みして、フランスパン中心のメニュー。食料、水2.5リットル込みで7キロちょっとに仕上げた。予定よりちょっと重い。

R0006545
8:46、修善寺に到着。バスを待つ間にコンビニで腹ごしらえ&靴を履き替える。

R0006549
バスに揺られること30分、大曲茶屋バス停で下車。いよいよスタート。

R0006552
しばらくは西伊豆スカイラインを歩く。軽いギアをクルクル回して登ってくるロードバイクに何度か追い越された。

R0006553
・・・いきなり想定外にトンネルが現れる。どうやらトレイル入口を見過ごしたらしい。
なかなかトンネルを歩くことってないし、こういうのも歩き旅の魅力。

R0006557
トンネルの中は想像以上に寒い。
平坦な道のりに、このままスカイラインを行ってもいい気がしたが、しばらくはトレイルが並行していて、すぐに合流。
森の中はやっぱり気持ちいい。

R0006562
1時間ほど歩いて南無妙峠でランチタイム。無印のアイシングがけいちごバウム。ぞろ目の444kcal。山ランチにいい感じ。

R0006561
若干汗ばむが、ibexの長袖シャツで快適。しかしフランスパンは蒸れて汗をかいていた。いつの間にかビニールはビッショリだ・・・
オレはいつもそうだ。「ちょっと寒くない?」と聞く彼女に、ひざ掛けを差し出すことができない男だ。
僕は急いでビニールに小さな穴を数カ所開け、さらにバウムに入ってた乾燥剤も投入。これが今、僕ができる精一杯だった・・・

R0006565

R0006577

R0006579

R0006572
その後はおやつを食べたりしながら深い森の緩いトレイルをのんびり歩く。ほとんど登らないトレイル。

R0006582

R0006593

R0006594

R0006595
宇久須峠が近づくと、徐々に森の感じが変わってきた。

R0006603
そして「魂ッ!」と力強く声に出してみたものの、正解の読みは「魂の山(こんのやま)」、標高933のピークは5月なのにまるで紅葉シーズン。

R0006605
よく見ると、紅葉とは違う透き通るような瑞々しい赤。アセビの葉っぱが赤い。

R0006608
背丈も低くて日本庭園みたいな雰囲気。

R0006615
そして魂の山を過ぎると・・・

R0006630
宇久須峠からは絶景!
視界が開けて超気持ちいい。もしくはチョーキモティー!
晴れてたら富士山も見えるんだろうな。

R0006635
東屋でひと休み。東屋宿泊だったらツェルト張る必要ないよな、なんて想像しつつ・・・

R0006638
牧場の横を通り・・・

R0006642
仁科峠でまたスカイラインと交差して車の気配。

R0006645
仁科峠からまた山の中へ。今度はモイスチャーな深い森。
太いブナの木と苔むした倒木がたくさんあって神秘的。

R0006654

R0006648
猫越岳に到着するころには、辺り一面濃い霧に包まれた。山頂に池があります。

ここまで6時間の行程。だいぶ疲れてきた。気持ちよく歩けるのはやっぱり6時間くらいまでだろうか。
さらに風も強まって黒い雲。予報通り今夜は荒れそうだ。
平坦な場所を探して今夜はビバーク。日没までに見つからないとさすがにヤバそう・・・

R0006659
猫越峠でフラットなスペースを見つけるが、
もうちょっと進みたい気持ちもあり、手引頭へ。
しかし地図で見るほどフラットでもなく、結局、少し戻って大きなブナの木の下を幕営地とした。
スタートから7時間半が過ぎていた。体力も天気も日没も、もうギリギリだった。

強まる風の中、ツェルトを設営。二張り並ぶツェルトⅡロング。
不気味なくらいフカフカの地面で、ペグがなかなか効かない。近くにある木を利用してなんとか設営。

R0006699
設営後、ディナータイム・・・の前にとりえあず温かいスタバヴィア。
気温はそれほどでもないけど、冷たい風で思いのほか体が冷えていて、コーヒーが染み渡る。

R0006697
そのまま夜ご飯の調理へ。
今回はロースターを使いたくて、2号機を自作したばかりだけどアルコールじゃなくてガスバーナー。
フランスパンはマイクロバイツのギザギザのナイフで綺麗にカットできた。
さっそくトーストして・・・

R0006700
カナッペできた!
クリームチーズとスモークサーモンに塩気があって、塩は不要。
ディルの香りがアクセントになり、コショウもオリーブオイルも不要の、山メシ用お手軽カナッペ。
そしてユニフレームのミニロースターは素晴らしい。じっくり弱火でサクサクにトーストできる。
フランスパンは大正解だ。しばらくラーメンはお休みして・・・といいつつ、追加で無印ミニラーメンを食す食いしんぼパターン。
 
 
 

ユニフレーム(UNIFLAME) ミニロースター 665817
ユニフレーム(UNIFLAME)
売り上げランキング: 1,156

 
 
 
 
18時過ぎ、寒くなりそれぞれツェルトへ。
寝転んで軽くストレッチをしてたら、あっというまに記憶がなくなった・・・

・・・暗闇の中、ツェルトをたたく雨音で目が覚めた。
浸水なのか結露なのか、ところどころヒンヤリする。
どんどん雨脚は強まる。予報どおり、嵐がやってきた。

つづく

伊豆山稜線歩道オーバーナイトハイキング day2 >>


follow us in feedly
Posted in hikingNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment